Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド

全文

(1)

Text Part Number: OL-5013-08-J

(2)

店にご連絡ください。

FCC クラス A 適合装置に関する記述:この装置はテスト済みであり、FCC ルール Part 15 に規定された仕様のクラス A デジタル装置の制限に適合してい ることが確認済みです。これらの制限は、商業環境で装置を使用したときに、干渉を防止する適切な保護を規定しています。この装置は、無線周波エネ ルギーを生成、使用、または放射する可能性があり、この装置のマニュアルに記載された指示に従って設置および使用しなかった場合、ラジオおよびテ レビの受信障害が起こることがあります。住宅地でこの装置を使用すると、干渉を引き起こす可能性があります。その場合には、ユーザ側の負担で干渉 防止措置を講じる必要があります。

FCC クラス B 適合装置に関する記述:このマニュアルに記載された装置は、無線周波エネルギーを生成および放射する可能性があります。シスコシステ ムズの指示する設置手順に従わずに装置を設置した場合、ラジオおよびテレビの受信障害が起こることがあります。この装置はテスト済みであり、FCC ルール Part 15 に規定された仕様のクラス B デジタル装置の制限に適合していることが確認済みです。これらの仕様は、住宅地で使用したときに、このよ うな干渉を防止する適切な保護を規定したものです。ただし、特定の設置条件において干渉が起きないことを保証するものではありません。

シスコシステムズの書面による許可なしに装置を改造すると、装置がクラス A またはクラス B のデジタル装置に対する FCC 要件に適合しなくなること があります。その場合、装置を使用するユーザの権利が FCC 規制により制限されることがあり、ラジオまたはテレビの通信に対するいかなる干渉もユー ザ側の負担で矯正するように求められることがあります。

装置の電源を切ることによって、この装置が干渉の原因であるかどうかを判断できます。干渉がなくなれば、シスコシステムズの装置またはその周辺機 器が干渉の原因になっていると考えられます。装置がラジオまたはテレビ受信に干渉する場合には、次の方法で干渉が起きないようにしてください。

・干渉がなくなるまで、テレビまたはラジオのアンテナの向きを変えます。

・テレビまたはラジオの左右どちらかの側に装置を移動させます。

・テレビまたはラジオから離れたところに装置を移動させます。

・テレビまたはラジオとは別の回路にあるコンセントに装置を接続します(装置とテレビまたはラジオがそれぞれ別個のブレーカーまたはヒューズで制 御されるようにします)。

米国シスコシステムズ社では、この製品の変更または改造を認めていません。変更または改造した場合には、FCC 認定が無効になり、さらに製品を操作 する権限を失うことになります。

シスコシステムズが採用している TCP ヘッダー圧縮機能は、UNIX オペレーティング システムの UCB(University of California, Berkeley)パブリック ド メイン バージョンの一部として、UCB が開発したプログラムを最適化したものです。All rights reserved. Copyright © 1981, Regents of the University of California.

ここに記載されている他のいかなる保証にもよらず、各社のすべてのマニュアルおよびソフトウェアは、障害も含めて「現状のまま」として提供されま す。シスコシステムズおよびこれら各社は、商品性や特定の目的への適合性、権利を侵害しないことに関する、または取り扱い、使用、または取引によっ て発生する、明示されたまたは黙示された一切の保証の責任を負わないものとします。

いかなる場合においても、シスコシステムズおよびその代理店は、このマニュアルの使用またはこのマニュアルを使用できないことによって起こる制約、

利益の損失、データの損傷など間接的で偶発的に起こる特殊な損害のあらゆる可能性がシスコシステムズまたは代理店に知らされていても、それらに対 する責任を一切負いかねます。

CCVP, the Cisco Logo, and the Cisco Square Bridge logo are trademarks of Cisco Systems, Inc.; Changing the Way We Work, Live, Play, and Learn is a service mark of Cisco Systems, Inc.; and Access Registrar, Aironet, BPX, Catalyst, CCDA, CCDP, CCIE, CCIP, CCNA, CCNP, CCSP, Cisco, the Cisco Certified Internetwork Expert logo, Cisco IOS, Cisco Press, Cisco Systems, Cisco Systems Capital, the Cisco Systems logo, Cisco Unity, Enterprise/Solver, EtherChannel, EtherFast, EtherSwitch, Fast Step, Follow Me Browsing, FormShare, GigaDrive, GigaStack, HomeLink, Internet Quotient, IOS, iPhone, IP/TV, iQ Expertise, the iQ logo, iQ Net Readiness Scorecard, iQuick Study, LightStream, Linksys, MeetingPlace, MGX, Networking Academy, Network Registrar, Packet, PIX, ProConnect, RateMUX, ScriptShare, SlideCast, SMARTnet, StackWise, The Fastest Way to Increase Your Internet Quotient, and TransPath are registered trademarks of Cisco Systems, Inc.

and/or its affiliates in the United States and certain other countries.

All other trademarks mentioned in this document or Website are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (0612R)

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド Copyright © 1998–2006 Cisco Systems, Inc.

All rights reserved.

(3)

iii

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

はじめに  

ix

マニュアルの変更履歴  

ix

対象読者  

x

マニュアルの構成  

x

表記法  

xi

警告の定義  

xii

用語および略語  

xiii

関連資料  

xiv

マニュアルの入手方法  

xv

Cisco.com  xv

Product Documentation DVD  xv

マニュアルの発注方法  

xv

シスコ製品のセキュリティ  

xvi

シスコ製品のセキュリティ問題の報告  

xvi

テクニカル サポート  

xvii

Cisco Technical Support & Documentation Web サイト  xvii

Japan TAC Web サイト  xvii

Service Request ツールの使用  xviii

問題の重大度の定義  

xviii

その他の資料および情報の入手方法  

xix

C H A P T E R 1 Cisco 7200 VXR

の製品概要  

1-1

物理特性  

1-2

ソフトウェア要件  

1-4

Cisco 7204 VXR

の概要  

1-5

Cisco 7206 VXR

の概要  

1-8

FRU

  

1-12

NPE

または

NSE

  

1-12

I/O

コントローラ  

1-30

LED

の説明  

1-38

NPE-G2

LED

  

1-39

(4)

NPE-G1 の LED  1-39

I/O コントローラ C7200-I/O の LED  1-40

I/O コントローラ C7200-I/O-GE+E の LED  1-41

I/O コントローラ C7200-I/O-2FE/E の LED  1-42

I/O コントローラ C7200-I/O-FE の LED  1-43

I/O コントローラ C7200-I/O-FE-MII の LED  1-45

ポート アダプタおよびサービス アダプタ  

1-45

ポート アダプタ ジャケット カード  

1-46

電源装置  

1-47

シャーシ  

1-50

コンパクトフラッシュ ディスク、フラッシュ ディスク、および PC カード   

1-50

ラックマウントおよびケーブル管理キット  

1-52

機能の概要  

1-53

シャーシ スロットおよび論理インターフェイスの番号  

1-53

MAC アドレス  1-56

OIR  1-57

環境モニタおよびレポート機能  

1-58

環境モニタ  

1-58

レポート機能  

1-61

ファン障害  

1-63

C H A P T E R 2

インストレーションの準備  

2-1

必要な工具および部品  

2-2

電気製品の取り扱いに関する注意事項  

2-3

静電破壊の防止  

2-3

設置環境の条件に関する注意事項  

2-3

ラックマウント時の注意事項  

2-5

温度および湿度に関する条件  

2-7

電源接続に関する注意事項  

2-7

施設配線に関する注意事項  

2-8

干渉に関する考慮事項  

2-8

距離制限およびインターフェイスに関する仕様  

2-9

初期設定  

2-10

Cisco 7200 VXR ルータのインストレーション チェックリスト  2-11

梱包内容の確認  

2-12

サイト ログ  

2-14

(5)

v

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

C H A P T E R 3 Cisco 7200 VXR ルータのインストレーション  3-1

Cisco 7200 VXR ルータのラックマウント  3-3

シャーシにラックマウント ブラケットおよびケーブル管理ブラケットを取り 付ける方法  

3-7

シャーシ前方へのブラケットの取り付け方  

3-8

前方取り付け方式のルータに

NPE-G1

および

NPE-G2

ケーブル管理ブラ ケットを取り付ける手順  

3-9

NPE-G1 および NPE-G2 用のオプティカル ケーブル管理ブラケットの取

り付け方  

3-11

シャーシ後方へのブラケットの取り付け方  

3-11

後方取り付け方式のルータに NPE-G1 および NPE-G2 ケーブル管理ブラ ケットを取り付ける手順  

3-13

シャーシをラックに搭載する手順  

3-14

卓上または作業台に設置する場合の一般的な手順  

3-15

ケーブル管理ブラケットの取り付け  

3-16

ポート アダプタ ケーブルの固定  

3-16

シャーシのアース接続  

3-18

ポート アダプタのケーブル接続  

3-20

I/O コントローラ、NPE-G1 または NPE-G2 ケーブルの接続  3-20

ギガビット イーサネット スロットおよびポートへの接続  

3-20

ギガビット イーサネット SFP モジュールの接続  

3-21

モード調整パッチ コード  

3-24

ギガビット イーサネット GBIC の接続  

3-25

GBIC のケーブルおよび接続装置  3-27

モード調整パッチ コードについて  

3-29

NPE-G1 および NPE-G2 のギガビット イーサネット RJ-45 接続  3-30

I/O コントローラ イーサネットおよびファースト イーサネット ポートへの接

続  

3-31

イーサネットおよびファースト イーサネット RJ-45 接続  

3-31

ファースト イーサネット MII 接続  

3-34

コンソールおよび AUX ポート接続  

3-36

DB-25 ポートのケーブル配線およびピン割り当て  3-37

RJ-45 ポートのケーブル配線およびピン割り当て  3-38

電源接続  

3-43

AC 入力電源の接続  3-43

DC 入力電源の接続  3-44

C H A P T E R 4

システムの起動観察および基本設定  

4-1

システムの起動前に確認すべき条件  

4-2

システムの起動および初期条件の観察  

4-2

(6)

Cisco 7200 VXR ルータの設定  4-4

AutoInstall による基本設定  4-5

セットアップ機能による基本設定  

4-6

グローバル パラメータの設定  

4-6

ネイティブ ギガビット イーサネット インターフェイスの設定  

4-10

インターフェイスの伝送および速度モードの設定  

4-10

設定例  

4-11

デバッグ  

4-12

NPE-G1 または NPE-G2 上のインターフェイスのリセット  4-12

NPE-G1 または NPE-G2 のカウンタのクリア  4-12

ポート アダプタ インターフェイスの設定  

4-12

ATM インターフェイスの設定  4-12

ファースト イーサネット インターフェイスの設定  

4-13

同期シリアル インターフェイスの設定  

4-14

グローバル コンフィギュレーション モードによる基本設定  

4-17

NVRAM への実行コンフィギュレーションの保存  4-18

実行コンフィギュレーションの設定値の確認  

4-18

その他の設定作業  

4-18

show コマンドによるインストレーションの確認  4-19

パスワードを忘れた場合の置換または回復  

4-20

パスワード回復手順の概要  

4-20

パスワード回復手順の詳細  

4-21

システム コンフィギュレーションの表示  

4-24

複雑な設定  

4-26

C H A P T E R 5

インストレーションのトラブルシューティング  

5-1

トラブルシューティングの概要  

5-2

サブシステム アプローチによる問題解決  

5-3

起動時の問題の識別  

5-3

ファンの作動  

5-4

POWER LED

  

5-4

I/O

コントローラの

LED

  

5-4

NPE-G1

または

NPE-G2

LED

  

5-6

ポート アダプタ ジャケット カードの

LED

  

5-6

ポート アダプタの

LED

  

5-6

システム起動時のバナー  

5-7

電源サブシステムのトラブルシューティング  

5-7

プロセッサ サブシステムのトラブルシューティング  

5-8

I/O

コントローラのトラブルシューティング  

5-8

(7)

vii

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

NPE-G1 または NPE-G2 のトラブルシューティング  5-9

NPE または NSE のトラブルシューティング  5-9

ポート アダプタ ジャケット カードのトラブルシューティング  

5-10

ポート アダプタまたはサービス アダプタのトラブルシューティング  

5-10

冷却サブシステムのトラブルシューティング  

5-11

光ファイバの洗浄についての情報  

5-11

A P P E N D I X A

コンフィギュレーション レジスタ情報  

A-1

コンフィギュレーション ビットの意味  

A-2

ビット

0

3

  

A-2

ビット

6

  

A-4

ビット

7

  

A-4

ビット

8

  

A-4

ビット

10

およびビット

14

  

A-4

ビット

11

およびビット

12

  

A-5

ビット

13

  

A-5

ビット

15

  

A-5

Cisco IOS

動作時のコンフィギュレーション レジスタの表示  

A-6

ROM

モニタ動作時のコンフィギュレーション レジスタの表示  

A-7

Cisco IOS

動作時のコンフィギュレーション レジスタの設定  

A-7

ROM

モニタ動作時のコンフィギュレーション レジスタの設定  

A-8

I N D E X

索引

(8)
(9)

ix

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

マニュアルの変更履歴

次の変更履歴表は、このマニュアルにおける技術的な変更内容を記録したものです。

ここでは、『Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド』の対象読者、マ ニュアルの構成、および手順や情報を記述するための表記法について説明します。

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属の Product Documentation DVD パッケー ジでご利用いただけます。Product Documentation DVD は定期的に更新されるので、印刷資料よりも 新しい情報が得られます。詳細については、「Product Documentation DVD」(p.xv)を参照してくだ さい。

WWW 上の URL、http://www.cisco.com、http://www.cisco.com/jp でもシスコの最新資料をご利用いた だけます。各国語版の資料は、http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml から入手できま す。

マニュアルの

バージョン 日付 変更点

OL-5013-07 2006 年 12 月 NPE-G2 CWDM 情報の追加 OL-5013-07 2006 年 5 月 NPE-G2 情報の追加

OL-5013-06 2006 年 3 月 ポートアダプタジャケットカードおよび新しい NPE-G1

の温度スレッシュホールド情報の追加

OL-5013-05 2005 年 9 月 このバージョンでは製品の販売終了に伴い、

MEM-I/O-D-FLD32M および MEM-I/O-D-FLD48M の製品 ID をドキュメントから削除

(10)

対象読者

このマニュアルは、シスコルータハードウェアおよびケーブル接続に関する知識だけでなく、電 気回路や配線手順に関する知識のある読者を対象としています。さらに、電子または電気機器の技 術者としての経験も必要です。

このマニュアルでは、Cisco 7200 VXR ルータの最初のハードウェア インストレーションおよび基 本的な設定手順について説明します。ルータ ハードウェアを開梱して設置する手順、基本的なソフ トウェアコンフィギュレーションファイルを作成する手順、およびルータを起動する手順が含ま れます。このマニュアルに記載されている設置手順および基本的な設定手順が完了したあとは、該 当する関連マニュアルを使用して、システムを完全に設定してください。

マニュアルの構成

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

章 タイトル 説明

第 1 章 Cisco 7200 VXR の製品概要 Cisco 7200 VXR ルータの物理特性を紹介し、機能につい て概説します。

第 2 章 インストレーションの準備 安全に関する考慮事項、必要な工具、インストレーショ ンの概要、インストレーション前に必要な準備作業につ いて説明します。

第 3 章 Cisco 7200 VXR ルータのイ ンストレーション

ハードウェアを設置し、外部ネットワーク インターフェ イスケーブルを接続する手順について説明します。

第 4 章 システムの起動観察および 基本設定

基本的なシステム設定を完了し、設定したコンフィギュ レーションをシステムメモリに保存するために必要な手 順について説明します。

第 5 章 インストレーションのトラ ブルシューティング

ハードウェア インストレーションのトラブルシューティ ング手順について説明します。

付録 A コンフィギュレーション レ ジスタ情報

コンフィギュレーション レジスタについて説明します。

(11)

xi

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

表記法

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

出力例では、次の表記法を使用しています。

注釈、注意、および安全上の警告は、次の表記法を使用しています。

(注) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。

注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されていま す。

太字 コマンドおよびキーワードは太字で示しています。

イタリック体 ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で示しています。

[ ] 角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z } 必ずどれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコ

で囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ] どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦

棒で区切って示しています。

ストリング 引用符を付けない一組の文字。ストリングの前後には引用符を使用しま せん。引用符を使用すると、その引用符も含めてストリングとみなされ ます。

screenフォント システムが表示する端末セッションおよび情報は、screenフォントで示

しています。

太 字 のscreen フ ォ ン ト

ユーザが入力しなければならない情報は、太字のscreenフォントで示し ています。

イタリック体の screen

フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示して います。

このポインタは、例の中の重要な行を強調しています。

^ ^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D という

キーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味し ます。

< > パスワードのように出力されない文字は、かぎカッコ(< >)で囲んで示

しています。

[ ] システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示 しています。

!、# コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コ メント行であることを示します。

(12)

警告の定義

警告 安全上の重要事項

「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作 業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。

注:これらの注意事項を保存しておいてください。

注:このマニュアルは、製品に付属のインストレーション ガイドと併せて利用してください。詳 細については、インストレーションガイド、コンフィギュレーションガイド、またはその他の添 付資料を参照してください。

(13)

xiii

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

用語および略語

このユーザガイドの内容を完全に理解するには、次の用語および略語を理解する必要があります。

キャッシュ — 最近アクセスしたデータを一時的に保管しておくための、高速アクセス可能で 小容量のメモリ。プロセッサまたはその付近に搭載されています。

CWDM GBIC — Coarse Wavelength-Divison Multiplexing Gigabit Interface Converter:CWDM ギガ ビットインターフェイスコンバータ

DCE — Data Communications Equipment:データ通信装置

DMA — Direct Memory Access:ダイレクトメモリアクセス

DRAM — Dynamic Random-Access Memory:ダイナミック RAM

DTE — Data Terminal Equipment:データ端末装置

EPROM — Erasable Programmable Read-Only Memory:電気的消去再書き込み可能 ROM

FRU — Field-Replaceable Unit(シスコシステムズ公認のサービス担当者でなくても交換できる ルータ構成部品)

GBIC — Gigabit Interface Converter:ギガビットインターフェイスコンバータ

Gbps — Gigabits per second:ギガビット/秒

命令およびデータキャッシュ — プロセッサに対する命令およびその命令による処理の対象と なるデータ

統合型キャッシュ — プロセッサに組み込まれているキャッシュ。「内部キャッシュ」とも呼ば れます。物理的にプロセッサの外部にあるキャッシュメモリは統合型ではなく、「外部キャッ シュ」と呼ばれることもあります。

MB — Megabyte:メガバイト

NVRAM — Nonvolatile Random-Access Memory:不揮発性 RAM

OIR — Online Insertion and Removal:ホットスワップ

PCI — Peripheral Component Interconnect

PCMCIA — Personal Computer Memory Card International Association:パーソナルコンピュータ メモリカード国際協会

1 次、2 次、3 次キャッシュ — キャッシュとプロセッサ コアの近さに基づいた階層型キャッ シュメモリストレージ。1 次キャッシュがプロセッサコアに最も近く、最も高速なアクセス が可能です。2 次キャッシュは 1 次キャッシュより低速ですが、3 次キャッシュよりは高速です。

RFI — Radio Frequency Interference:無線周波干渉

RISC — Reduced Instruction Set Computing:縮小命令セットコンピューティング

SDRAM — Synchronous Dynamic Random-Access Memory:同期 DRAM

SIMM — Single In-line Memory Module

SNMP — Simple Network Management Protocol:簡易ネットワーク管理プロトコル

SRAM — Static Random-Access Memory:スタティック RAM

TFTP — Trivial File Transfer Protocol:簡易ファイル転送プロトコル

統合キャッシュ — 命令キャッシュとデータキャッシュが結合されています。たとえば、プロ セッサの 1 次キャッシュには命令用とデータ用に別々のキャッシュメモリがあり、2 次キャッ シュは統合キャッシュになっている場合もあります。

(14)

関連資料

Cisco 7200 VXR ルータ、およびこのルータ上で実行する Cisco IOS ソフトウェアには、さまざまな 機能があります。これらの機能については、以下の資料に記載されています。

Cisco 7200 Series Routers Documentation Roadmap』Cisco 7200 シリーズルータのマニュアル、

トラブルシューティングツール、およびその他の情報の一覧は、

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps341/products_documentation_roadmap09186a0080 1c0915.html を参照してください。

Cisco 7200 Series Routers Port Adapter Documentation Roadmap』Cisco 7200 シリーズルータがサ ポートしているポートアダプタのマニュアルの一覧は、

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps341/products_documentation_roadmap09186a0080 1c0a32.html を参照してください。

Cisco 7200 Series Routers Troubleshooting Documentation Roadmap

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps341/prod_troubleshooting_guide09186a00801c0f65

.html に、トラブルシューティングツール、ユーティリティ、技術情報へのリンクがあります。

(15)

xv

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

マニュアルの入手方法

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、Cisco.com で入手することができます。また、テ クニカルサポートおよびその他のテクニカルリソースは、さまざまな方法で入手することができ ます。ここでは、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

シスコの最新のマニュアルは、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/techsupport

シスコの Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com http://www.cisco.com/jp

シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Product Documentation DVD

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属の Product Documentation DVD パッケー ジでご利用いただけます。Product Documentation DVD は定期的に更新されるので、印刷資料よりも 新しい情報が得られます。

Product Documentation DVD は、ポータブルメディアに収容された、技術的な製品マニュアルの総

合的なライブラリです。この DVD を使用すると、シスコ製品の各種バージョンのハードウェアの インストレーション、ソフトウェアのインストール、設定、およびコマンドに関するガイドにアク セスし、HTML で技術マニュアルを表示できます。DVD を使用することで、インターネットに接 続しなくてもシスコの Web サイトと同じマニュアルを参照できます。製品によっては、マニュア ルの PDF バージョンも用意されています。

Product Documentation DVD は単一製品として、またはサブスクリプションとして入手できます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に 登 録 さ れ て い る 場 合、Cisco Marketplace か ら Product Documentation DVD(Customer Order Number DOC-DOCDVD=)を発注できます。次の URL にアク セスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

マニュアルの発注方法

Cisco.com に登録されている場合、2005 年 6 月 30 日から、次の URL にある Cisco Marketplace の Product Documentation Store でシスコ製品のマニュアルを発注できます。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

Cisco.com に登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

(16)

シスコ製品のセキュリティ

シスコでは、無償の Security Vulnerability Policy ポータルを次の URL で提供しています。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.html このサイトから、以下のタスクを実行できます。

シスコ製品における脆弱性を報告する。

シスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける。

シスコからのセキュリティ情報を入手するために登録を行う。

シスコ製品に関するセキュリティ勧告および注意のリストが以下の URL で確認できます。

http://www.cisco.com/go/psirt

勧告および注意事項が変更された際に、リアルタイムで確認したい場合は、以下の URL からProduct Security Incident Response Team Really Simple Syndication(PSIRT RSS)にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_psirt_rss_feed.html

シスコ製品のセキュリティ問題の報告

シスコでは、安全な製品を提供することを目指しています。製品のリリース前に社内でテストを実 施し、すべての脆弱性を迅速に修正するように努めております。お客様がシスコ製品の脆弱性を発 見したと思われる場合は、次の PSIRT にご連絡ください。

緊急度の高い問題 — [email protected]

緊急度の高い問題とは、システムが激しい攻撃を受けている状態、または急を要する深刻なセ キュリティの脆弱性を報告する必要がある状態を指します。それ以外の状態はすべて、緊急度 の低い問題とみなされます。

緊急度の低い問題 — [email protected]

緊急度の高い問題の場合、次の電話番号で PSIRT に問い合わせることができます。

1 877 228-7302

1 408 525-6532

ヒント お客様が第三者に知られたくない情報をシスコに送信する場合、Pretty Good Privacy(PGP)または PGP と互換性のある製品を使用して情報を暗号化することを推奨します。PSIRT は、PGP バージョ

ン 2.x 〜 8.x と互換性のある暗号化情報を取り扱うことができます。

無効な暗号鍵または失効した暗号鍵は使用しないでください。PSIRT と通信する際は、次の URL に ある Security Vulnerability Policy ページの Contact Summary にリンクされている有効な公開鍵を使用 してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.html

このページのリンクに、現在使用されている PGP 鍵の ID があります。

(17)

xvii

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

テクニカル サポート

Cisco Technical Support では、評価の高い 24 時間体制のテクニカル サポートを提供しています。

Cisco.com の Cisco Technical Support & Documentation Web サイトでは、広範囲にわたるオンライン でのサポート リソースを提供しています。さらに、シスコシステムズとサービス契約を結んでいる 場合は、Technical Assistance Center(TAC)のエンジニアによる電話サポートも提供されます。シ スコシステムズとサービス契約を結んでいない場合は、リセラーにお問い合わせください。

Cisco Technical Support & Documentation Web サイト

Cisco Technical Support & Documentation Web サイトでは、オンラインで資料やツールを利用して、

トラブルシューティングやシスコ製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立て ることができます。この Web サイトは 24 時間ご利用いただけます。次の URL にアクセスしてく ださい。

http://www.cisco.com/techsupport

Cisco Technical Support & Documentation Web サイト上の ツールに アクセスす る際は、い ずれも Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログイン ID また はパスワードを取得していない場合は、次の URL で登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

(注) テクニカルサポートにお問い合わせいただく前に、Cisco Product Identification(CPI)ツールを使用 して、製品のシリアル番号をご確認ください。CPI ツールへは、Documentation & Tools の下にある Tools & Resources リンクをクリックして、Cisco Technical Support & Documentation Web サイトから アクセスできます。Alphabetical Index ドロップダウン リストから Cisco Product Identification Tool を選択するか、Alerts & RMAs の下にある Cisco Product Identification Tool リンクをクリックしてく ださい。CPI ツールは、製品 ID またはモデル名、ツリー表示、または特定の製品に対する show コ マンド出力のコピー & ペーストによる 3 つの検索オプションを提供します。検索結果には、シリア ル番号のラベルの場所がハイライトされた製品の説明図が表示されます。テクニカル サポートにお 問い合わせいただく前に、製品のシリアル番号のラベルを確認し、メモなどに控えておいてくださ い。

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュ メントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてくだ さい。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイ トのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ロ グイン ID とパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってく ださい。

http://www.cisco.com/jp/register/

(18)

Service Request ツールの使用

オンラインの TAC Service Request ツールを使えば、S3 および S4 の問題について最も迅速にテクニ カル サポートを受けられます(ネットワークの障害が軽微である場合、あるいは製品情報が必要な 場合)。状況をご説明いただくと、TAC Service Request ツールが推奨される解決方法を提供します。

これらの推奨リソースを使用しても問題が解決しない場合は、シスコの技術者が対応します。TAC Service Request ツールは次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport/servicerequest

問題が S1 または S2 であるか、インターネットにアクセスできない場合は、電話で TAC にご連絡 ください(運用中のネットワークがダウンした場合、あるいは重大な障害が発生した場合)。S1 お よび S2 の問題にはシスコの技術者がただちに対応し、業務を円滑に運営できるよう支援します。

電話でテクニカルサポートを受ける際は、次の番号のいずれかをご使用ください。

アジア太平洋:+61 2 8446 7411(オーストラリア:1 800 805 227) EMEA:+32 2 704 55 55

米国: 1 800 553-2447

TAC の連絡先一覧については、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/techsupport/contacts

問題の重大度の定義

すべての問題を標準形式で報告するために、問題の重大度を定義しました。

重大度 1(S1) — ネットワークがダウンし、業務に致命的な損害が発生する場合。24 時間体制であ らゆる手段を使用して問題の解決にあたります。

重大度 2(S2) — ネットワークのパフォーマンスが著しく低下、またはシスコ製品のパフォーマン ス低下により業務に重大な影響がある場合。通常の業務時間内にフルタイムで問題の解決にあたり ます。

重大度 3(S3) — ネットワークのパフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用が機能し ている場合。通常の業務時間内にサービスの復旧を行います。

重大度 4(S4) — シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションにつ いて、情報または支援が必要で、業務への影響がほとんどまたはまったくない場合。

(19)

xix

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワークソリューションに関する情報について、さまざ まな資料をオンラインおよび印刷物で入手することができます。

Cisco Marketplace では、さまざまなシスコの書籍、参考資料、マニュアル、およびロゴ入り商

品を提供しています。Cisco Marketplace には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

Cisco Press では、ネットワーク、トレーニング、認定関連の出版物を幅広く発行しています。

初心者から上級者まで、さまざまな読者向けの出版物があります。Cisco Press の最新の出版情 報などについては、次の URL からアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet』は、シスコシステムズが発行するテクニカル ユーザ向けの季刊誌で、インターネッ

トやネットワークへの投資を最大限に活用するのに役立ちます。『Packet』には、ネットワーク 分野の最新動向、テクノロジーの進展、およびシスコの製品やソリューションに関する記事を はじめ、ネットワークの配置やトラブルシューティングのヒント、設定例、お客様の事例研究、

認定やトレーニングに関する情報、および多数の詳細なオンラインリソースへのリンクが盛り 込まれています。『Packet』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/packet

iQ Magazine』は、シスコのテクノロジーを使って収益の増加、ビジネス効率の向上、および

サービスの拡大を図る方法について学ぶことを目的とした、シスコシステムズが発行する成長 企業向けの季刊誌です。この季刊誌は、実際の事例研究や事業戦略を用いて、これら企業が直 面するさまざまな課題や、問題解決の糸口となるテクノロジーを明確化し、テクノロジーの投 資に関して読者が正しい決断を行う手助けをします。『iQ Magazine』には、次の URL からアク セスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

または次の URL でデジタル版をご覧いただけます。

http://ciscoiq.texterity.com/ciscoiq/sample/

Internet Protocol Journal』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担

当するエンジニア向けに、シスコシステムズが発行する季刊誌です。『Internet Protocol Journal』 には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/ipj

シスコシステムズが提供するネットワーク製品およびカスタマー サポート サービスについて

は、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/index.html

Networking Professionals Connection は、ネットワーキング専門家がネットワーキング製品やネッ トワーキング技術に関する質問、提案、情報をシスコの専門家および他のネットワーキング専 門家と共有するためのインタラクティブな Web サイトです。ディスカッションに参加するに

は、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/discuss/networking

シスコシステムズは最高水準のネットワーク関連のトレーニングを実施しています。トレーニ ングの最新情報については、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/index.html

(20)
(21)

1-1

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

Cisco 7200 VXR の製品概要

この章では、Cisco 7200 VXR ルータの物理特性および機能について説明します。また、ルータハー ドウェアの交換、取り付け、設定、またはメンテナンスに必要なソフトウェアコマンドの説明およ び使用例も記載されています。

次の項目で、ルータ ハードウェア、主要コンポーネント、およびハードウェア関連機能について説 明します。

物理特性(p.1-2)

ソフトウェア要件(p.1-4)

Cisco 7204 VXR の概要(p.1-5)

Cisco 7206 VXR の概要(p.1-8)

FRU(p.1-12)

機能の概要(p.1-53)

警告 システムの設置、操作、またはメンテナンスを行う前に、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco 7200 Series Routers』の「Site Preparation and Safety」を参照してくださ い。ここには、システムを扱う前に理解しておく必要がある安全に関する重要な情報が記載されて います。

(22)

物理特性

Cisco 7200 VXR ルータは、Cisco 7200 シリーズ最新のマルチサービス型ルータです。Cisco 7200 VXR ルータは、Cisco 7204 VXR(4 スロットルータ)と Cisco 7206 VXR(6 スロットルータ)で構成さ れます。Cisco 7200 VXR ルータは、ギガビットの容量に対応し、サービス プロバイダー環境およ びエンタープライズ環境の両方でデータ、音声、ビデオ統合が向上するように設計されています。

Cisco 7200 VXR ルータには、統合 Multiservice Interchange(MIX)機能が組み込まれているため、将 来の音声アプリケーションに対応することができます。ミッドプレーンでの MIX 相互接続により、

デジタルクロスコネクトまたは Add-Drop Multiplexer(ADM; 分岐挿入装置)とほぼ同様に、マル チチャネル T1/E1 インターフェイス間で DS-0 タイム スロットのスイッチングが可能となります。

この機能により、Cisco 7200 VXR ルータで、T1/E1 インターフェイス上の DS-0 音声チャネルを、あ る音声処理ポートアダプタから別の音声処理ポートアダプタにスイッチングすることができま す。さらに、一切の処理を伴わずに、Cisco 7200 VXR ルータを通じて DS-0 をスイッチングするこ ともできます。これは、ある種の音声コンフィギュレーションにおいて必須の条件となります。

Cisco 7200 VXR ルータは、高速 Network Processing Engine(NPE; ネットワーク処理エンジン)の NPE-G2 およびその他すべての利用可能な NPE をサポートします。NPE-G2 は Motorola Freescale

7448 1.67 GHz プロセッサで高速パフォーマンスを提供し、3 つのギガビットイーサネットインター

フェイスをサポートします。帯域幅に関する特別な条件はありません。また、NPE-G2 は、1 つの 専用ファースト イーサネット管理ポートとデータ保管およびセキュリティ トークン用の 2 つの USB ポートを提供します。

Cisco 7200 VXR ルータは高速 NPE もサポートしているので、ルーティングおよびプロセス スイッ チングの性能を高めることができます。

また、NPE-G2、NPE-G1、NPE-400、および NSE-1 を搭載すると、25MHz と 50MHz 両方のポート アダプタ動作をサポートすることができます。

(注) ポート アダプタの構成については、『Cisco 7200 Series Port Adapter Hardware Configuration

Guidelines』を参照してください。

Cisco 7200 VXR ルータには、さまざまなネットワーク インターフェイス ポート アダプタおよび I/O

(入出力)コントローラを使用することができます。NPE-G1 と NPE-G2 には I/O コントローラ機能 が組み込まれているため、I/O コントローラが搭載されていなくても使用することができます。

NPE-G2 と NPE-G1 は 3 つめの PCI バスを提供するので、ポートアダプタジャケットカードを I/O コントローラのスロットに差し込み、高帯域用ポート アダプタを追加して使用することができま す。

NSE-1 または NPE-400 を搭載した Cisco 7200 VXR ルータは、最大 6 つの高速ポート アダプタをサ ポートし、また、ギガビットイーサネットおよび OC-12 ATM(非同期転送モード)などの高速ポー トアダプタインターフェイスもサポートします。Cisco 7200 VXR ルータのベイには、最大 2 台の AC または DC 入力電源装置を搭載することができます。

ポート アダプタ、I/O コントローラ、電源装置は、すべての Cisco 7200 VXR ルータで共通です。詳 細については、「FRU」(p.1-12)を参照してください。NPE と NSE は、ルータモデルごとに異なり ます。

Cisco 7200 VXR ルータは、次の機能をサポートします。

Online Insertion and Removal(OIR; ホットスワップ) — システムを停止せずに、ポートアダプ タの追加、交換、または取り外しができます。

(23)

1-3

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

(注) ポート アダプタ ジャケット カードは OIR をサポートしていませんが、ポート アダプ タ ジャケット カードに搭載されたポート アダプタは、OIR をサポートしています。

ホットスワップが可能な負荷分散型二重電源装置 — システム電源の冗長性が得られます。一 方の電源装置または電源が故障しても、他方の電源装置によってシステム電源が維持されるた め、システムは停止しません。さらに、一方の電源装置の電源を切ってルータから取り外して も、第 2 の電源装置がただちに引き継いでルータに必要な電力を供給するため、ルータの通常 の動作は中断されません。

環境モニタおよびレポート機能 — システム動作が停止しないうちに、望ましくない環境条件 を解決し、正常な動作を維持します。

ダウンロード可能なソフトウェア — ルータから離れた場所でも、フラッシュ メモリに新しい イメージをロードすることができます。このため、迅速かつ確実なアップグレードが可能です。

表1-1 に、Cisco 7200 VXR の物理仕様および電源要件を示します。

1-1 物理仕様

説明 仕様

ミッドプレーン プライマリ PCI バス× 2、セカンダリ PCI バス× 1

NPE-G2 または NPE-G1、および I/O コントローラが搭載されている場合、帯域ポイ

ントは I/O コントローラではなく、NPE-G2 または NPE-G1 で使用されます。I/O コン トローラが搭載されていない場合、NPE-G2 または NPE-G1 は帯域ポイントを使用し ません。

NSE-1、NPE-400、または NPE-300 が搭載されている場合:900 Mbps の合計帯域幅1

NPE-100、NPE-150、または NPE-200 が搭載されている場合:600 Mbps の合計帯域幅 プライマリ PCI バス× 3 — NPE-G2 または NPE-G1 が搭載されていて、I/O コントローラ が搭載されておらず、ポート アダプタ ジャケット カードが搭載されている場合、3 つの PCI バスが使用できます。PCI バスの合計帯域幅は 900 Mbps です。3 つ目の PCI バスは ポートアダプタジャケットカードで使用され、1 つのポートアダプタに対し、無制限の 帯域を提供します。

寸法(高さ×幅×奥行) 5.25 インチ× 16.8 インチ× 17 インチ(13.34 cm × 42.67 cm × 43.18 cm)

重量 フル装備のシャーシ(NPE または NSE、I/O コントローラ、最大数のポートアダプタ、電 源装置× 2、ファン トレイ):最大 50 ポンド(22.7 kg)

消費電力 370 W(1262 BTU2

シャーシ ファン ノイズ レベ ル — 1 段速度のファン

テスト:

前面(I/O コントローラおよびポート アダプタ側)44.2 dB

背面(電源装置側)43.7 dB

左(ファン側)47.2 dB

右 44.8 dB 最大:65 dBa エア フロー 〜 80 cfm3

温度 32 〜 104°F(0 〜 40°C)(動作時)、–4 〜 149°F(–20 〜 65°C)(保管時)

湿度 10 〜 90%(結露しないこと)

電源仕様

AC 入力電圧定格 100 〜 240 VAC4 ワイド インプット(力率補正回路付き)

AC 入力電流定格 100 〜 240 VAC、フル装備のシャーシで 5 A5

(24)

(注) Cisco 7200 VXR ルータのシャーシ設置面積、その他の寸法、必要なスペースについては、第 2 章

「インストレーションの準備」の「設置環境の条件に関する注意事項」(p.2-3)を参照してください。

ソフトウェア要件

推奨最小ソフトウェア要件は次のとおりです。

Cisco IOS Release 12.0(2)XE2 以上の 12.0XE リリース

Cisco IOS Release 12.1(1)E 以上の 12.1E リリース

Cisco IOS Release 12.0(5)S 以上の 12.0S リリース

Cisco IOS Release 12.0(3)T 以上の 12.0T リリース

Cisco IOS Release 12.2(1) 以上の 12.2 リリース

Cisco IOS Release 12.2(4)B 以上の 12.2B リリース

Cisco IOS Release12.4(7)

Cisco IOS Release12.4(4)XD

サポートされているハードウェアおよびソフトウェア リリースについては、Cisco.com の Software Advisor を参照してください。

AC 入力周波数定格 50/60 Hz6

AC 入力ケーブル 18 AWG73 線ケーブル、3 芯 IEC-320 レセプタクル(電源装置側)、国別プラグ(電源側)

DC 出力電力 最大 280 W(単一と二重のいずれの電源装置構成の場合も)

DC 入力電圧定格 –48 VDC8 公称(北米)

–60 VDC 公称(EU 諸国)

DC 入力電流定格 –48 VDC で 13 A(370 W/–48 VDC = 7.7 A、一般的なドロー)

–60 VDC で 8 A(370 W/–60 VDC = 6.2 A、一般的なドロー)

DC 入力ケーブル 地域および各国の電線規定に準拠

1. Mbps = メガビット/ 2. BTU = 英国熱量単位 3. cfm = 立方フィート/ 4. VAC = 交流電圧 5. A = アンペア 6. Hz = ヘルツ

7. AWG = American Wire Gauge 8. VDC = 直流電圧

1-1 物理仕様(続き)

説明 仕様

(25)

1-5

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

Cisco 7204 VXR の概要

Cisco 7204 VXR は、Cisco 7200 シリーズルータに使用できる多様なプロトコルとポートアダプタ を組み合わせることにより、マルチプロトコルかつマルチメディアのルーティングおよびブリッジ ングに対応が可能です。さらに、Cisco 7204 VXR のミッドプレーンにより、複数の高帯域ポート ア ダプタに対するサポートが強化されます。

Cisco 7204 VXR には、ポート アダプタ用スロットが 4 つ(スロット 1 〜 4)、I/O コントローラ用ス ロットが 1 つ、NPE または NSE 用のスロットが 1 つあります。ポートアダプタは 4 つの空きスロッ トのうち、任意のスロットに搭載できます(図1-1 を参照)。

NPE-G1 または NPE-G2 が搭載されていて、ポートアダプタジャケットカードが I/O コントローラ スロットに取り付けられている場合、追加のポート アダプタ スロットが使用できます。

(注) ラックに搭載されている Cisco 7200 VXR ルータの最下部のスロットに処理エンジンや I/O コント ローラを取り付けにくい場合は、ポートアダプタ、処理エンジン、I/O コントローラをシャーシか ら外したのち、再度これらを取り付けてください。最初に最下部のスロットに処理エンジンと I/O コントローラを取り付けたのち、下から上の順でスロットにポートアダプタを搭載していきます。

1-1 Cisco 7204 VXR ルータ—前面図

(注) 図1-1では、スロット 3 にブランクポートアダプタが搭載されています。ポートアダプタ間で十 分な通気を確保するため、各ポート アダプタ スロットにポート アダプタまたはブランク ポート ア ダプタのどちらかを必ず搭載してください。

1 ポートアダプタ 5 オプションのファーストイーサネットインター フェイス(MII ポートおよび RJ-45 ポート)

2 ポート アダプタ レバー 6 AUX ポート

3 I/O コントローラ 7 コンソール ポート

4 PC カード スロット

2 ETHERNET-10BFL EN

RX

0 TX RX1 TX RX2 TX RX3 TX RX4 TX

Cisco 7200 SERIES XVR

0 4

1 3

EN

0 1 2 3 4 5 6 7SERIAL-EIA/TIA-232

MIIEN RJ45 ENRJ45LINK1O PWROK

RJ-45 CPU R

ESET FAST ETHERNET INPUT/OUTPUT CONTROLLER

ENABLED

PCMCIA EJECT SLOT 0

SLOT 1 FE MII

ETHERNET 10BT ENABLED

02

13

0 1 2 3 LINK

ENABLED MIILINK

RJ45

FAST ETHERNET

0

15889

1

2

3

6

4 5 7

(26)

Cisco 7204 VXR ルータの背面から、NPE または NSE、および最大 2 台の電源装置にアクセスでき

ます(図1-2 を参照)。

1-2 Cisco 7204 VXR ルータ—背面図

NPE-G2 および NPE-G1 には、3 つのギガビット イーサネット インターフェイス用の外部コネクタ と LED、およびコンソールポートと AUX ポートが装備されています。NPE(NPE-100 〜 NPE-400) または NSE(NSE-1)には、外部コネクタも LED もありません。NPE または NSE には、これらの 取り外しおよび取り付けに使用するハンドルと、シャーシに固定するための 2 本の非脱落型ネジが 付いています。

ポート アダプタ ジャケット カードは、I/O コントローラ スロットでサポートされています。

Cisco 7204 VXR ルータには、出荷時に 280 W AC 入力電源装置が 1 台搭載されています(オプショ ンで 280 W DC 入力電源装置を使用することもできます)。図1-2 では、Cisco 7204 VXR ルータに AC 入力電源装置が 1 台搭載されています(第 2 の電源装置ベイには電源装置フィラープレートが 取り付けられています)。フル装備の Cisco 7204 VXR ルータは、電源装置を 1 台搭載しただけで動 作しますが、オプションで同じタイプの第 2 電源装置を搭載すると、ホットスワップ可能な負荷分 散型冗長電源が確保できます。

(注) Cisco 7204 VXR では、AC と DC の入力電源を混在させることはできません。

電源装置には、ルータの主電源スイッチのほか、(搭載されている電源装置のタイプに応じて)AC 入力電源レセプタクルまたは結線式の DC 入力電源コードが付いています。

1 シャーシのアース レセプタクル 6 NPE または NSE 2 電源装置フィラー プレート 7 AC 入力電源装置 3 電源スイッチ 8 PWR OK LED

4 AC 電源コード固定クリップ 9 AC 電源装置レセプタクル

5 内蔵ファン

84396

NETWORK PROCESSING ENGINE-300

1 5

2

4 3

8 9

7 6

(27)

1-7

Cisco 7200 VXR インストレーション コンフィギュレーション ガイド OL-5013-08-J

注意 Cisco 7204 VXR では、電源装置を混在させないでください。電源装置を 2 つにしてルータを構成

する場合、両方の電源装置を同じタイプにする必要があります(AC 入力電源装置を 2 台、または DC 入力電源装置を 2 台)。

電源装置ベイの近くには 2 個のシャーシ アース レセプタクルがあり、ESD 機器または 2 ホール アース端子をシャーシアースに接続することができます(図1-2 を参照)。

3 個の内蔵ファンによってシャーシおよび内蔵コンポーネントに冷気が流れるため、動作温度は許 容範囲に維持されます(図1-2 を参照)。3 個のファンは、シャーシ内部のトレイに収容されています。

注意 内蔵コンポーネントに冷気が行き渡るように、未使用のポートアダプタスロットには、必ずブラ ンク ポート アダプタを搭載してください。また、未使用の電源装置ベイにも、必ず電源装置フィ ラープレートを取り付けてください。

I/O コントローラ、ポート アダプタ、ポート アダプタ ジャケット カード、電源装置、NPE または NSE は、それぞれのシャーシ スロットに差し込み、ルータのミッドプレーンに直接接続します。接 続用の内部ケーブルはありません。ミッドプレーンは、電源装置から I/O コントローラ、ポートア ダプタ、ポートアダプタジャケットカード、ファントレイ、NPE または NSE に電力を分配します。

ミッドプレーンはまた、ポートアダプタの OIR を検知し、ポートアダプタから NPE または NSE 上のパケット メモリへ PCI バスをブリッジングします。さらに、PCI バス間でトラフィックを調整 し、各 PCI バス上のポート アダプタ用のクロック信号も生成します。

(注) ポートアダプタジャケットカードは OIR をサポートしていませんが、ポートアダプタジャケッ ト カードに搭載されたポート アダプタは、OIR をサポートしています。

Cisco 7204 VXR は、卓上に設置しても、ラックに搭載しても動作します。ラックマウントキット

は標準装備として、出荷されるすべての Cisco 7200 VXR ルータに付属しています。このキットに は、標準 19 インチ型装置ラックまたは 2 支柱ラックにルータを搭載する場合に必要なブラケット 類が入っています。Cisco 7204 VXR ルータを装置ラックに取り付ける手順は、すべての Cisco 7200 VXR ルータと同じです。この手順については、第3章「Cisco 7200 VXR ルータのインストレーショ ン」を参照してください。Cisco 7204 VXR をラックに搭載しない場合は、丈夫なテーブルまたは台 上に設置します。

2 台の電源装置を装備し、すべてのシャーシ スロットに搭載したフル装備の Cisco 7204 VXR の重 量は、約 50 ポンド(22.7 kg)です。必要なスペースおよびラックマウント時の考慮事項について は、第 2 章「インストレーションの準備」の「設置環境の条件に関する注意事項」(p.2-3)を参照 してください。

(28)

Cisco 7206 VXR の概要

Cisco 7206 VXR は、Cisco 7200 シリーズルータに使用できる多様なプロトコルとポートアダプタ を組み合わせることにより、マルチプロトコルかつマルチメディアのルーティングおよびブリッジ ングに対応できます。さらに、Cisco 7206 VXR のミッドプレーンにより、複数の高帯域ポート ア ダプタに対するサポートが強化されます。

(注) Cisco 7206 VXR は、Cisco AS5800 ユニバーサルアクセスサーバの Router Shelf(RS; ルータシェル フ)として利用できます。Cisco 7206 VXR を RS として搭載する場合は、このマニュアルとともに、

Cisco AS5800 ユニバーサルアクセスサーバに付属しているアクセスサーバマニュアルを使用して

ください。

Cisco 7206 VXR には、ポートアダプタ用スロットが 6 つ(スロット 1 〜 6)、I/O コントローラ用ス ロットが 1 つ、NPE または NSE 用のスロットが 1 つあります。ポートアダプタは 6 つの空きスロッ トのうち、任意のスロットに搭載できます。

Cisco 7206 VXR の前面から、I/O コントローラおよび最大 6 つのネットワーク インターフェイス ポート アダプタにアクセスできます(図1-3 を参照)。

NPE-G1 または NPE-G2 が搭載されていて、ポート アダプタ ジャケット カードが I/O コントローラ スロットに取り付けられている場合、追加のポートアダプタスロットが使用できます。

(注) ラックに搭載されている Cisco 7200 VXR ルータの最下部のスロットに処理エンジンや I/O コント ローラを取り付けにくい場合は、ポート アダプタ、処理エンジン、I/O コントローラをシャーシか ら外したのち、再度これらを取り付けてください。最初に最下部のスロットに処理エンジンと I/O コントローラを取り付けたのち、下から上の順でスロットにポート アダプタを搭載していきます。

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP